小児歯科・矯正歯科
img img

小児歯科

白く輝く歯は、大切なお子さんの財産です。お子さんが自分の力で、自分の歯を守れるまで、この財産を大切に守り育てていくことは、親御さんの重要な仕事になります。長い人生を健康で豊かに過ごすためには、いつまでも健康な歯を保つことが重要です。そして、お子さんの歯を守るためには親御さんの協力が必要不可欠です。
胎生7週目くらいから、乳歯が作り始められ、乳歯が顔をのぞかせる頃には、もう永久歯が育ち始めています。妊娠から永久歯が生えそろう12~15歳くらいまでは、特に大切な時期です。歯磨きを念入りに行うことはもちろんですが、虫歯にならないためには歯科医院での定期的な健診、予防を行うことが大切です。

江東区豊洲や枝川、塩浜近郊で歯科医院をお探しの方は、是非豊洲ファミリー歯科クリニックまでご来院ください。

■乳歯が生え始めたら

生後6ヶ月を過ぎると乳歯が生えはじめます。この時から歯みがきが必要になります。

■1歳6ヶ月~3歳まで

上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。3歳児になると虫歯がとても増えます。虫歯がないうちに、歯科医院で健診を受けましょう。

■3歳の頃

20本の乳歯が生えそろいます。歯科医院で、かみ合わせがきちんとできているか、また虫歯になりやすいのか、などをチェックしましょう。

■初めて永久歯の生える6歳

6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。6歳臼歯と呼ばれるこの歯はとても大切な歯ですが、奥歯は歯磨きしにくく、また生えたての歯は歯質が未熟なために虫歯になりやすいです。念入りに歯磨きを行い、歯科医院で予防してもらいましょう。

小児歯科

シーラント

シーラントとは歯の溝にプラスチックの樹脂で埋めることによって、むし歯を予防する方法です。
特に、乳歯の奥歯や、生えて間もない6歳臼歯の溝に行います。生えて間もない6歳臼歯は溝が複雑で深いので、シーラントをする事で高い虫歯 予防効果が期待出来ます。

シーラント

定期健診の大切さ

乳歯は虫歯になりやすく、一度虫歯になってしまうと進行も早いです。
特に奥歯は保護者の方も虫歯に気づくのが難しく、知らない間に進行している場合もあります。乳歯の虫歯は放っておくと、これから生えてくる永久歯にも悪影響を与えてしまいます。また、子ども達のお口の中は歯の生えかわりや顎の成長があり、歯並びも変化していきます。子どもの健全な成長発育を促す為に、定期的なチェック(3から4か月)を受けましょう。保護者の方には適切な歯磨きの仕方や生活習慣を身につけて頂き、一緒にお子さまのお口の健康を守りましょう。
江東区豊洲や枝川、塩浜近郊で歯科医院をお探しの方は、是非豊洲ファミリー歯科クリニックまでご来院ください。

矯正歯科

江東区豊洲、塩浜近くの枝川の歯科(歯医者)豊洲ファミリー歯科クリニックでは、矯正歯科にも対応しております。
当院は小児矯正から成人矯正まで、全ての矯正治療が可能です。

矯正歯科治療は、不正咬合を正常咬合にする歯科医療です。
不正咬合とは、悪い歯並びを総称したもので、咬み合わせがずれている状態を表す矯正用語です。不正咬合は、心身に大きな影響を与えます。 歯並びが悪ければ、咬み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な体と心を作るための歯科治療なのです。

保護者の方は、お子さまの笑顔を見るのは何よりも嬉しいことだと思います。
お子さまの笑顔を末永く大切に守るために、一度矯正歯科治療の必要性があるかどうかを調べられてはいかがでしょうか?

また、矯正治療は大人になってからでも始められます。
江東区豊洲や枝川、塩浜近郊で矯正治療にご興味がおありの方は、是非一度豊洲ファミリー歯科クリニックまでご相談ください。

以下のような歯並びの場合は、矯正治療をおすすめします。

出っ歯

上の前歯が極端に前方に出た状態。

受け口

下の前歯が極端に前方に出た状態。

乱ぐい歯

歯が凸凹に重なり合った状態。

開咬

閉じた前歯に隙間ができ、咬み合わない状態。

過蓋咬合

上の歯が下の歯に深く被さった状態。

交叉咬合

咬み合わせが部分的に反対になっている状態。

矯正治療の種類

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯の表面に『ブラケット』と呼ばれる装置を貼り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に歯を少しづつ動かしていく従来の一般的な歯列矯正治療法です。
ほとんどの歯列不正(悪い歯並び)の治療が可能です。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正

透明のマウスピースをはめ、一定期間毎に取り換えていくことで綺麗な歯並びに整えていく治療方法です。
ワイヤー矯正と違って、取り外し可能且つ装置が目立たないので治療中の審美性にこだわる方におすすめの治療法です。

小児矯正(子供の矯正)

小児矯正(子供の矯正)

幼少期から矯正治療を始めることで、将来的な抜歯治療のリスクを減らすことができます。顎の成長を利用して将来的にきれいな歯並びへと導くことができ、指しゃぶりなどの悪い習慣を直すことで、不正な嚙み合わせとなる原因を取り除きます。

江東区 豊洲ファミリー歯科クリニック江東区 豊洲ファミリー歯科クリニック

TEL:03-6458-6675

〒135-0051 
東京都江東区枝川2-6-9 1F
江東区豊洲、塩浜からもすぐの歯科・歯医者

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:00

【休診日】月曜日(月曜日が祝日の場合は日曜日)、
祝日、学会研修等で日曜不定期休み
 
※最終予約受付は30分前まで

©Toyosu Family Dental Clinic

診療予約はこちら